natsuki-k

なつきのひとこと

主に就活・転職関連の記事を書いています。他にも資格関連の記事なども書いたりします。

MENU

自宅で1ヶ月に「10万円以上」稼げる副業(クラウドソーシング)について

副業について

f:id:natsuki-k:20190429233141j:plain

最近はブログアフィリエイトやFX、メルカリを利用した転売など「副業」と呼ばれる物が数多く存在しています。

中には「本業」の収入を超えたため「脱サラ」して生計を立てている人達までいます。

ただ、いざ自分でやってみると思った様に稼げずに辞めてしまう人が多いのも事実です。

しかし、そんな方にオススメな「副業」もあります。

副業とクラウドソーシング

f:id:natsuki-k:20190430112603j:plain

それは、数年前から密かに注目を集めているクラウドソーシング」を利用した「稼ぎ方」になります。

(最近になり需要や知名度が高まっているのか、やたらテレビや新聞で取り上げられている「ヤツ」のことです)

この「クラウドソーシング」を利用し1ヶ月に「10万円以上」稼いでいる人が多くいます。

もちろん継続すれば1ヶ月で「20万円以上」稼ぐことも決して不可能ではありません。

そこで今回は、私もよく利用している Lancers(ランサーズ) というサービスについて、ご紹介していきます。

(まずLancers(ランサーズ)について理解しやすい様に

クラウドソーシングの仕組み」について少し触れていきます。)

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドソーシングの仕組み

f:id:natsuki-k:20190429233138j:plain

なぜ、この「クラウドソーシング」が最も稼げる「副業」になるのか順番に説明していきます。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシング」とは「クラウド=Crowd(群衆)」と「ソーシング=Sourcing(業務委託)」

この両方を合わせた「造語」の事を指しています。

つまり「クラウドソーシング」とは、インターネット上で不特定多数の人に対して「業務の受注」を行うサービスの事を言います。

クラウドソーシング会社とは

そのため「クラウドソーシング会社」は「仲介会社」としての性質が強く表れています。

なぜなら、私たち「個人」と仕事を発注する「クライアント」の間で「金銭トラブル」を防ぐ役割があるからです。

(具体的な「約割」については後述いたします)

仕事の流れ

まず「クラウドソーシング会社」に登録します。

そして、登録したサイトから「クライアント」と仕事の「取引」を始めることになります。

主な仕事の流れは以下の通りです。

(ちなみにクラウドソーシングでは、仕事を発注する側を「クライアント」

受注する側(私たち)を「ワーカー」と呼んでいます)

1「クライアント」が「クラウドソーシング会社」に「仕事」を依頼する。

2「ワーカー」が「クライアント」が依頼した「仕事」に申し込む。

3「クライアント」が応募者の中から「ワーカー」を「採用・契約」する。

(この時点で「クライアント」から「個人」に支払われる仕事の「報酬」が、

一時的に「クラウドソーシング会社」に「移動」します)

4「ワーカー」は仕事が完了したら「クライアント」に「納品」する。

5「クライアント」は「納品」された内容を確認し、問題が無ければ「クラウドソーシング会社」を通じて「承認」する。

6「承認」されると「クラウドソーシング会社」から「ワーカー」に対して「報酬」が支払われる。

上記のように、仕事の「報酬」を一時的に「クラウドソーシング会社」に預けます。

そうすることで「ワーカー側」が「報酬未払い」という状況に陥ることを防いでいます。

この様なシステム構造が設計されているため「ワーカー」が「報酬」を得ることが確約されています。

雇用形態について

仕事を引き受けると言っても、直接クライアントと顔を合わせて「雇用契約」を結ぶわけではありません。

そのため、特定の会社に出勤する必要もなく専属の上司や指導係も付きません。

「自分の好きな時間に、好きな場所で働く」ことができます。

つまり、自宅から一歩も外に出なくても1か月間で「10万」又は「20万」と稼ぐことが可能になってきます。

このような背景から「忙しい専業主婦」の方などにも根強い人気があります。

仕事の内容について

f:id:natsuki-k:20190429233144j:plain

基本的に、どの「クラウドソーシング会社」に登録しても「仕事」は以下の3つの「内容」に分かれています。

1タスク

2プロジェクト

3コンペ

タスク

主に「アンケート」「データの入力」など「短時間」で完了する仕事が多く募集されています。

このタイプはすぐに作業に取り掛かることができます。

具体的には「クライアント側」から指定された「作業を繰り返す」だけのタイプになります。

ただし「報酬」が低く設定されている物が多いです。

そのため、この案件ばかりやっていても「収入」を増やすことはできません。

上記の事から「クラウドソーシング」を始めたばかりの「初心者向け」のタイプでもあります。

プロジェクト

主に「ライティング」「ホームページ作成」等があります。

自分で考える要素が多い分「報酬」が高く設定されている「案件」が多いです。

そのため「クラウドソーシング」で主に利用するタイプが、この「プロジェクト」というタイプになります。

単発か継続か

f:id:natsuki-k:20190430115057j:plain

また、このタイプは「単発案件」と「継続案件」とに分かれています。

毎月一定の収入を獲得したい方は「継続案件」に申し込むのがオススメです。

特に「ライティング」は募集されているジャンルが多く、初めての方でも取り組みやすい「ジャンル」になっています。

自分から提案する

f:id:natsuki-k:20190430120008j:plain

そして「ワーカー」が「クライアント」に「提案」して「仕事」を引き受ける仕組みでもあります。

ここで言う「提案」とは

「私はこんなことが得意・好きですので、仕事を引き受けることができます!」

という文章を作り「自分から」クライアントへアプローチを掛けることを指しています。

初心者の方には抵抗があるかもしれませんが、意外と「承認」してくれるケースが多いです。

ただし、始めたばかりの方は「報酬額」が低い「仕事」に「提案」するのがオススメです。

なぜなら、報酬額の高い仕事は競争率が非常に高くなる傾向にあるからです。

ご参考までに

また「提案」にもいくつかの「定型文」が存在しますが、基本的に使いまわしで問題ありません。

私がいつも使用している「提案文」はコチラの記事で紹介しています。

よかったらご参考までに!

natsuki-k.hatenablog.com

コンペ

このタイプも色々な種類の仕事があります。

そして、3つのタイプの中で最も「報酬額」が高いタイプでもあります。

しかし「抽選的」な要素が強いため「安定して収入」を得たい方には向いていません。

なぜなら、「タスク」や「プロジェクト」と異なり「クライアントの感性」で決まる傾向が高いからです。

流れとしては以下の通りです。

1「クライアント」が期間を定めて「大量の募集」をかける。

2「ワーカー」は「イラスト」や「ロゴ」又は「ネーミング」等を考え「納品」する。

3納品日が来たら、1人か2人ほど「ワーカー」選定し「報酬」を支払う。

つまり、このタイプに絞り毎月収入を得る考え方は、非常にリスクが高い「稼ぎ方」になります。

主な「クラウドソーシング会社」

f:id:natsuki-k:20190429233147j:plain

利用者が多く、知名度が高い「クラウドソーシング会社」が以下の通りです。

特に「ランサーズ」と「クラウドワークス」で人気を二分しており、

非常に利用者が多く、私もこれらのサイトに登録して良くお世話になっています。

(大抵、クラウドソーシングを利用している方は、

初めに「ランサーズ」と「クラウドワークス」の2つに登録して、

自分に合った方を利用する傾向が高いです。)

もちろん、上記の他にも多くの「クラウドソーシング会社」が存在しています。

Lancers(ランサーズ)とは

f:id:natsuki-k:20190429233838j:plain

ここからは私自身よく利用する「Lancersランサーズ」について、ご紹介していきたいと思います。

公式サイトは以下の通りです。

https://www.lancers.jp/

Lancers(ランサーズ)とは、2008年に設立された会社であり、現在でも根強い人気を誇る企業のひとつです。

根強い人気を誇る理由のひとつが、その「案件数」の多さにあります。

公式サイトにも記載されているように「210万件」あまりの仕事の依頼が掲載されています。

そのため、非常に仕事の幅が広く利用しやすい環境が出来上がっているのです。

つまり「仕事が無い!」という状況に陥ることがありません。

募集ジャンルが豊富!!

f:id:natsuki-k:20190430113327j:plain

掲載されているジャンルの幅も広く、一般的に以下のようなタイプが掲載されています。

システム開発・運用」

「Web制作・Webデザイン」

「デザイン制作」

「ライティング・ネーミング」

「タスク・作業」

「マルチメディア」

「翻訳・通訳サービス」

「ビジネス・事務・専門・その他」

上記の項目の中でも「ライティング」や「デザイン」関連の仕事が多く掲載されています。

そのため、ライターやデザイナー方には特に利用しやすいサービスとなっています。

認定ランサー制度

f:id:natsuki-k:20190430111709j:plain

そしてLancers(ランサーズ)には「認定ランサー」という制度もあります。

「認定ランサー」とは、クライアントから「高い評価」と「実績」を積むと与えられる「称号」の様な物になります。

運営側が認定するだけあって「認定ランサー」になると、仕事が取りやすくなります。

さらに「認定ランサー優先案件」というメールも、Lancers(ランサーズ)側から直接頂けるようになります。

ランサーズクラブオフとは

f:id:natsuki-k:20190429233836j:plain

また「ランサーズクラブオフ」と呼ばれる福利厚生サービスも備わっています。

公式サイトは以下の通りです。

https://www.club-off.com/lancers/index.cfm

ただし、この制度を利用する会員になるには1つだけ条件があります。

それは「過去3ヶ月連続で5,000円以上」の「報酬」を得る、という物です。

この条件を満たせば「ランサーズクラブオフ」を利用することができるようになります。

お得なサービス

f:id:natsuki-k:20190430114058j:plain

「ランサーズクラブオフ」とは、以下の種類を「優待価格」で利用できるサービスとなっています。

健康・ヘルスケアプログラム

介護・育児サービス

スポーツ施設

映画・美術展などのエンタメ

グルメ

ショッピング

レジャー施設

旅行

しかも「ランサーズクラブオフ」は「会員費が無料」で、自身の負担になるようなことが一切ありません。

なぜ無料なのかと言うと「ランサーズクラブオフ」が「法人会員制クラブ」という形態をとっているからです。

クラブ運営のための費用を、お客様が所属する企業・法人にご負担いただくことで、会員のみなさまは毎日の暮らしや余暇に役立つ多彩なサービスをメンバー限定の会員優待料金で利用できます。

 引用元:クラブオフとは?

 まとめ

f:id:natsuki-k:20190429233833j:plain

どうでしたか。

一昔前と違い、現代はインターネットを利用した「副業」や「ネットビジネス」で溢れています。

私も基本的に「アナログ」な人間ですので、最初は怪しいのではと思いかなり調べてしまいました(笑)

しかし、いざ「クラウドソーシング」を利用してみると、その「働き方」に驚かされました。

子育てや介護で毎日が忙しい方でも、自分の都合に合わせて「家」で「仕事」をすることができます。

クラウドソーシング」の登録は基本的に「無料」で「会員費」は一切かかりません。

利用するか否かに関わらず、登録してサイトを眺めているだけでも色々学べることも多いと思います。

何より「仕事をした分だけ確実に収入が得られる」

これは、他の「副業」や「ネットビジネス」と比べると大きな魅力ではないでしょうか。

以上が「クラウドソーシング」と「Lancers(ランサーズ)」の紹介になります。

長文となりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Lancers(ランサーズ)の「無料会員登録」と「登録後の初期設定」の方法に興味がある方はコチラの記事をご参照ください。

natsuki-k.hatenablog.com

クラウドソーシング「ランサーズ」